ジグソーパズルで右脳トレーニング

ジグソーパズルは右脳トレーニングに有効か?

ジグソーパズル右脳トレーニングに最適?!

3D球体パズル 540ピース 月球儀
ジグソーパズルはバラバラになった絵や写真のピースを
適切な位置にはめ込んでいくというごく単純なホビーですよね!


空間認識力、イメージ、直感をフル回転させる右脳をトレーニング
するには最適なツールです。
そこには言語や論理的思考力、計算能力などは存在しません。


指先を使い、イメージを膨らませていくことは
右脳を刺激し続けることに他なりません。


私はジグソーパズルが大好きです。
家にも30種類くらいあります。


飾ってあるのは5枚くらいで、あとはクローゼットですが・・・。
大体1000ピース前後のものが主流で、複雑難解なものより、比較的簡単に、
短期間に出来てしまうものが好きです。
せっかちなもので、買ってきてばらばらにしたら、その日のうちに仕上げちゃいます。


最近は3Dパズルなどもハマっていて、月球儀なんて大好きです。
ピースをはめ込みながら仕事のシュミレーションなどもイメージしていることもあります。


サブリミナルCDを聴きながらジグソーパズルなんて最高のおすすめです!

ジグソーパズルより、やはりサブリミナルCD!

さぁあなたの番ですよ


ザ・シークレットサブリミナル

ジグソーパズルは、具体的に様々な場所で活躍しています!

現在は、介護用品としてもジグソーパズルは活躍しています。


言語や論理的思考力、計算能力など関係ない右脳のみでピースを埋めていく作業は
高齢者の脳トレーニングに最適なのでしょう。


高齢者用のジグソーパズルはピース数も少なく、
その人のレベルに合わせたパズルを用意するようです。
ボケの防止や認知症の予防などに効果的なようです。


失語症という病気をご存知ですか?
これは主に脳梗塞や脳出血などによって言語中枢に残る障害です。
聞く・話す・読む・書くといった機能が障害されています。
そういった失語症の方でもスイスイとジグソーパズルはこなしていくのです。
だって聞く・話す・読む・書くというものは存在していませんものね。


高齢者や障害者のレクリエーションとしても確固たる存在感のあるジグソーパズルは
潜在意識にとっても重要なキーアイテムと考えています。


ジグソーパズルで右脳を刺激しながら、未来の自分をイメージしていく・・・。


こんなことも出来るのです。


実はジグソーパズルをやっている間って“無の境地”になっていることが多いのです。
そんなときは、自分の理想のイメージを潜在意識に叩き込むいいチャンスなのです。


結論として、むやみにジグソーパズルをやるのではなく、アファメーションをしたり、
願望成就や成功をイメージしながら、ビジュアライズさせたものを潜在意識に叩き込むこと。
そしてお気に入りのサブリミナルCDなどを聞きながらだとベストですね!

潜在意識と顕在意識 サブリミナルとは アファメーションとは
体験者の声 専門家の声 Q&A
パーフェクトブレイン

ジグソーパズルは右脳トレーニングに有効か?関連ページ

左手トレーニングと右脳
左手をトレーニングするということは、右脳を刺激するということになります。ということは、左手をトレーニングするということは、右脳トレーニングになるのか?そして潜在意識まで活性化されるのか?
速読で右脳トレーニング
速読という方法を聞いたことがある人は多いでしょうがどういったものか?まで知っている人は意外と少ないでしょう。はたして、速読は右脳トレーニングになるのか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
潜在意識と顕在意識 サブリミナルとは アファメーションとは 専門家の声 Q&A 体験者の声