速読で右脳トレーニング

速読で右脳トレーニングはできるのか?

速読という方法で脳トレーニング?

子供のうちから速読

速読や速聴というものが、

右脳トレーニングの方法としてよく紹介されています。
私は速聴は未経験ですが、速読で右脳が活性化される
ということを20代のころから知って勉強していました。


速読といってもいろいろあります。
諸説ありますが、歴史は意外と古く、
1870年代にフランスの眼科医が読書中の目の動きに
興味を持ったのが、きっかけだと言います。


その後、速読術はヨーロッパ〜アメリカにわたり
速読は普及したものです。


実はヨーロッパ型は、斜め読みが主流でした。
これは斜めから活字をひろい読んでスピードを上げていくというもので、
極めて左脳的な速読術なのです。


かつて日本では、目次のページをまず理解してから、
漢字を拾い読みしていけば、スピードアップにつながるというものが主流でした。


これは、漢字が表意文字といいイメージ化しやすい文字のため、
ひらがなを飛ばしても理解しやすく、目次を理解していれば、
最後には理解できるという速読術です。


次に1980年代に入って韓国のキムさんという人が考案した
「キム式速読術」というものが上陸しました。
これは、現在主流のフォトリーディングに良く似ているものです。


ハングル文字って記号に似た言語ですよね!


「キム式速読術」は文字をイメージとして捉えて、記憶していくと言うものです。
右脳では文字をイメージとして捉えるので、極めて右脳的といえる速読術です。


現在は前記した「フォトリーディング」というものが主流です。
ページごとを写真を撮って、脳のフォルダーにしまいこむイメージです。
写真を撮りながら斜め読みをすることもありますが・・・(自己流)
ということで私は「フォトリーディング」を主体に実践しています。

速読よりもサブリミナルCDですよ!

さぁあなたの番ですよ


ザ・シークレットサブリミナル

サブリミナルCDを聴きながらの速読術!

私が家で読書をしていると女房と子供には「気味が悪い」と言われます。
目はあまり動かず、ページをめくるスピードが早すぎると言うのです。


速読には様々な効果があります。


  • 読書が早くなる
  • 新聞・雑誌も早く読める
  • メールなども早く読むことが出来る
  • 大量の情報が短時間で処理出来る
  • 情報をアウトプットする引き出しが多くなる

読書

肝心の右脳トレーニングはというと・・・。

実は、サブリミナルCDを聞きながら読書をするということが多いので、速読に右脳トレーニングの効果があったのか?
正直わからないところがあります。


ただ言えることは、
読書をするという点の潜在能力は開発されたとは思います。
自信も出てきます。


しかし、右脳トレーニングになっているのかどうかは
良くわかりません。


結論から言うと、情報処理能力を上げて、仕事や勉強の能率を上げたいという人にはお薦めです。


ビジネスで成功したいとか、理想の自分になりたいとか、幸福になりたいとか、
願望成就したいと考えている人には、ちょっと遠回りの脳トレーニングの方法かと思います。


断然サブリミナルCDをオススメします!

潜在意識と顕在意識 サブリミナルとは アファメーションとは
体験者の声 専門家の声 Q&A
パーフェクトブレイン

速読で右脳トレーニングはできるのか?関連ページ

左手トレーニングと右脳
左手をトレーニングするということは、右脳を刺激するということになります。ということは、左手をトレーニングするということは、右脳トレーニングになるのか?そして潜在意識まで活性化されるのか?
ジグソーパズルと右脳
ジグソーパズルは、意外と使える潜在意識を書き換えるキーアイテムです。実際に右脳トレーニングに有効か?私の体験を伝えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
潜在意識と顕在意識 サブリミナルとは アファメーションとは 専門家の声 Q&A 体験者の声