インナーピースはスティーブン・ハルパーンが奏でるヒーリングミュージック

インナーピースとは

インナーピース(Inner Peace Music)とは

インナーピース(Inner Peace Music)は
世界中にあるリラクゼーションCDやヒーリングCDの代表格です。
http://www.innerpeacemusic.com/


もともと静かな音楽は癒しを与えてくれるものです。
ヒーリングとは、リラクゼーションという意味から癒し、治療という意味でよく使われています。


この音楽療法分野では世界的第一人者のスティーブン・ハルパーン(Steven Halpern)博士が
自ら手がけているリラックスミュージック、ヒーリングミュージックが
インナーピース(Inner Peace Music)です。


30年以上のキャリアを誇るスティーブン・ハルパーン(Steven Halpern)博士は
キーボード奏者です。
彼の繰り出す音楽は、実に60タイトル以上を数え、
世界中で400万以上のアルバムを販売しています。
世界中の病院やヒーリングクリニック、スパ、ヨガ道場、
そして学校にまで使われているといいます。


インナーピース(Inner Peace Music)はリラックス、瞑想・チャクラ・睡眠
をテーマとして掲げています。
「瞑想への近道はトーンの間の隙間」とHP上でも公表しているとおり、
スティーブン・ハルパーン(Steven Halpern)博士の音楽は
音符と音符の隙間、つまり【間】というものを重視しています。


やはり、「何事も体験」ということで、CDを購入してみました。


続はコラムにて・・・。


さぁあなたの番ですよ


ザ・シークレットサブリミナル

インナーピース(Inner Peace Music)とは コラム

スティーブン・ハルパーン(Steven Halpern)博士の音楽を聴いていると、
瞬間、瞬間に【間】を感じることができると思います。


スティーブン・ハルパーン(Steven Halpern)博士はその時の感じた感覚と同時に、
脳の反応をも重視しながら作曲しているとのことです。
わたしも【間】を取りながら音楽を聴いていきます。


“一瞬の静寂感”が何度も起き、そのテンポに乗せられてリラックスしていくのです。
「なんとも不思議な感覚がするCDだなぁ」というのが印象で、
この「トーンの間の隙間」の【間】という感覚は、最初は妙に不安な気持ちで、
徐々にその【間】になれて、安心感すら生まれてきます。


なれてきた私は、読書タイムに使用しています。
ちなみに、良くあるヒーリングミュージックやヘミシンク、ブレインシンクも
ヘッドホン着用を推奨していますが、インナーピース(Inner Peace Music)に関しては、
ヒーリングBGMとして何かリラックスして作業するために用いられるため
ヘッドホンは必要ないというのが私の考えです。


興味のある方は下記からどうぞ


楽天 スティーブン・ハルパーン(Steven Halpern)CD
↓↓↓
★スティーブン・ハルパーン★


amazon スティーブン・ハルパーン(Steven Halpern)CD
↓↓↓
スティーブン・ハルパーンスティーブン・ハルパーン

 

潜在意識と顕在意識 サブリミナルとは アファメーションとは
体験者の声 専門家の声 Q&A
パーフェクトブレイン

インナーピースとは関連ページ

ヘミシンク
ヘミシンクとはモンロー研究所で作られた音楽療法の一つです。ヘミシンクとは右脳と左脳が同調するという意味ですが、ネット上ではヘミシンクは危険だという指摘があります。果たして本当でしょうか?
ブレインシンク
ブレインシンクとは音楽療法CDの一つです。米国法人で音楽治療の実績があります。くれぐれも、ここで紹介するブレインシンクは、アプリ開発会社ではありませんからね!
1/fゆらぎ
1/fゆらぎというものがあります。音楽療法などはそのほとんどがこの1/fゆらぎによって癒し効果を高めるというものだったのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
潜在意識と顕在意識 サブリミナルとは アファメーションとは 専門家の声 Q&A 体験者の声